生活の中で注意

肝臓について普段から注意したいこと

肝臓とは腹部の右上にある臓器で、アルコールの分解機能があることで知られています。しかし、それ以外にも非常に多くの機能を有しています。肝臓の大きな役割として、代謝、排出、解毒、体内の恒常性の維持等が挙げられます。また、肝臓は再生機能が強いため、一部に損傷を受けたとしても、症状として現れにくく、「沈黙の臓器」とも呼ばれています。そのため、肝臓に関して何かしらの症状が出た時には、非常悪化していることが多く、普段から肝臓に負担がかからない生活週間や食生活をすることが大切です。肝臓に良い食べ物は、カロリーが低く、良質なたんぱく質、食物繊維やミネラルを多く含むものとなっています。また、ビタミンや必須アミノ酸を多く含むものも、肝臓に良い食べ物とされています。

知っておきたい役立つ情報

多くの機能を有する肝臓は、健康にも大きな影響を及ぼします。肝臓に負担をかけず、健康を保つためには、普段から肝臓に良い食べ物を摂取したり、肝臓に負担をかけない生活週間を心がける必要があります。 肝臓に良い食べ物を具体的に挙げると、豆腐や納豆といった大豆類、しじみ、牛乳、かぼちゃやほうれん草といった緑黄色野菜、ごま、果物やナッツなどです。これらの食材には良質なたんぱく質、抗酸化ビタミン、ミネラル、食物繊維が多く含まれています。これららの食材をバランスよく組み合わせて摂取するこが大切です。また、おつまみやおやつをナッツや果物、冷奴、野菜、枝豆等にすることでストレスなく上手に肝臓に良い食べ物を摂取することができます。

Designed by CSS.Design Sample

このエントリーをはてなブックマークに追加