元気な肝臓

肝臓に良い食べ物を意識して食べるメリット

普段の食事の際、肝臓に良い食べ物を意識することで、肝臓が元気になり色々なメリットが得られます。そもそも肝臓とは体内でどんな働きをしている臓器なのでしょうか。主に三つの働きがあります。一つ目がエネルギーの代謝です。胃や腸で消化・吸収されたブドウ糖やアミノ酸は、エネルギーや様々なアミノ酸に変えられて、身体の各所で使われます。二つ目が胆汁の生産です。胆汁は脂質を消化する働き以外にも、不要物質の排泄や体内のコレステロールを調整するという働きがあります。三つめが有害物質の無毒化です。お酒のアルコールや体内で発生したアンモニアなどを、無毒な水や炭酸ガスなどに変えます。様々な働きがある肝臓ですが、ストレスや偏食でその機能が十分にいかせないことも多々あります。肝臓に良い食べ物を意識することで、肝臓の機能が十分にいかせ、健康を保つことが出来ます。

最近人気のシジミとオルニチン

肝臓に良い食べ物といえば、かつては肝機能を強化して二日酔いを防ぐとして、ウコンやクルクミンがサプリメントとして人気を集めていました。ウコンは現在でも肝臓に良い食べ物として、支持を得ていますが、最近ではシジミに含まれるオルニチンというアミノ酸も人気を集めています。体内で作られる有害物質の一つに、アンモニアがあります。アンモニアは神経毒性があり、肝臓の代謝機能を低下させます。オルニチンは肝臓でのアンモニア分解を促進させ、肝臓でのエネルギー代謝機能をスムーズにする働きが期待できるのです。またそのアンモニアを分解する際に、NADHという疲労を感じさせる物質を消費し、疲労回復効果も期待出来ます。これらの機能が、シジミひいてはオルニチン人気の理由なのです。

Designed by CSS.Design Sample

このエントリーをはてなブックマークに追加