しじみに注目

タウリンや抗酸化物質を含む食べ物が効きます。

肝臓に良い食べ物の代表的なものが、しじみです。しじみにはタウリンという栄養素が多く含まれます。タウリンは、肝臓の働きを助けます。しじみの他にタウリンを多く含む食べ物は、牡蠣です。 また、抗酸化物質が含まれる野菜や果物も、肝臓に良い食べ物とされます。野菜では、ブロッコリーやホウレン草、ナスやピーマンが挙げられます。果物では、リンゴやキウイや柑橘類です。その他にも数多くの種類があります。 これらの食べ物を組み合わせて献立を作ると、飽きることなく肝臓に良い食べ物を摂取できます。しじみや牡蠣だけでは飽きてしまいますが、野菜や果物ならばそうそう飽きることはありません。調理法を工夫すれば、毎日でも食べられるはずです。

しじみのサプリメントもお勧めです。

肝臓を守るためには、肝臓に良い食べ物を摂るだけでなく、肝臓に負担がかかる食べ物を抑えるのも効果的です。肝臓に負担がかかる食べ物は、肉類や脂っこい食べ物です。これらは肝臓で分解するのに時間がかかってしまいます。まとめると、野菜中心の食生活が肝臓には良いといえるでしょう。 しじみのエキスを凝縮したサプリメントもお勧めです。しじみは肝臓に良い食べ物の代表格ですが、調理法には限りがあります。サプリメントならば、飽きることなく長期的に摂取できます。 肝臓の調子が整うと代謝が良くなるため、身体全体がすっきりした感じになるはずです。いつも体が重いとか、疲れがなかなか抜けないという場合には、しじみのサプリメントがお勧めです。

Designed by CSS.Design Sample

このエントリーをはてなブックマークに追加